1. TOP
  2. WiMAX
  3. W05のクレードルは購入するべきか?販売価格や口コミ・評判も

W05のクレードルは購入するべきか?販売価格や口コミ・評判も

 2018/03/04 WiMAX  

W05クレードル

W05の契約を考えている。

でも、W05とクレードルは一緒に申込んだほうが良いのか?迷ってしまいますよね。

今回はW05のクレードルセットは本当に必要なのか?クレードルのメリットやデメリットを見ていきましょう。

管理人はクレードル購入派です。

W05のクレードルのメリット

W05 クレードル

クレードルとは、WiMAXの充電器です。充電だけではなくW05単体ではできなかったこともできるようになりますので、W05のクレードルのメリットを見ていきましょう。

W05のクレードルはファーウェイ製の『HWD36PUU』というモデルになります。

各端末ごとにクレードルが用意されており、W04のクレードルやW03のクレードルをそのまま利用することはできませんので注意しましょう。

W05の充電器として利用できる

W05は充電器が同封されていません。

もしACアダプターを一緒に申し込みをすると別途2,750円かかります。

USBケーブルは同封されていますので、普段利用しているUSBコンセントを利用したりパソコンに接続すれば充電することは可能ですが、やはり自宅の配線が増えて見栄えが悪くなってしまうのが難点です。

W05をクレードルに設置するだけで充電ができるので、配線がぐちゃぐちゃになりませんし、卓上でオシャレに充電することが可能になります。

WiMAXを利用している方だったら誰でも経験があると思うのですが、朝出かけようと思ったら『充電するの忘れていた・・・。

結構がっかりしてしまいますよね。

クレードルがあると毎回同じ場所にW05を置く癖ができますし、どこに置いたかわからななくなるなんて事がなくなります。

ちなみに私がクレードルセットを利用している理由は充電器として利用する目的がメインです。

私も以前はクレードルなんて絶対にいらないと考えていました。

しかし、実際に利用して充電忘れの防止と配線が汚くならないという利点がわかってから、毎回クレードルセットで申し込むようにしています。

自動的にハイスピードモードに切り替わる

W05は3種類の接続モードがあります。

  • ハイパフォーマンスモード・・・最大708Mbps(6.5時間)
  • ノーマルモード・・・最大220Mbps(9時間)
  • バッテリーセーブモード・・・最大110Mbps(10.5時間)

ハイパフォーマンスモードは高速通信が可能なのですが、連続通信時間は6.5時間となってしまいますので、外出先ではノーマルモードで利用される方も多いのではないでしょうか?

W05はクレードルに設置することで自動的にハイパフォーマンスモードへと切り替わりますので、自宅で利用するときには常に高速通信で接続することが可能となります。

充電中はハイパフォーマンスモードに切り替えたい・・・。という場合でもいちいち設定するのはかなりめんどくさいです。

クレードルに設置するだけで、最高のパフォーマンスが出せるのは嬉しいですね。

有線接続ができる

w05クレードル LANポート

W05のクレードルは背面にLANポートがありますので、有線接続でしか接続できない端末を利用することができます。

デスクトップパソコンで無線LANに対応していない場合でも問題無く接続可能です。

もちろんWiFiで接続するよりも有線LANで接続したほうが速度は安定します。より安定した高速通信でインターネットを利用したい方にも向いていますね。

クレードル無しでは有線接続ができませんので、クレードルを利用することで固定回線の代わりとして利用することができるようになります。

PS4に繋ぐ予定がある方は、無線よりもクレードルから有線で繋いだほうが良いかもしれませんね。

W05からパソコンまでは有線接続となりますが、WiMAXの基地局からW05までは無線になりますので、光回線の様な完全に有線のインターネットサービスと比べると安定性には欠けます。

無線LANで利用できる

W05 クレードル

自宅に光回線などの固定回線を引いている場合に、無線LANルーターとして活用することも可能です。

クレードルに光回線のLANケーブルを挿すだけでW05がアクセスポイントとなり無線LAN接続できるようになります。

つまり、光回線用の無線ルーターをわざわざ購入する必要が無いということですね。

他にも出張でホテルにいった時など、有線LAN接続しかできないホテルってありますよね。

スマホやタブレットに接続したいから有線LANだと不便です。そんな時もクレードルにホテルの有線LANケーブルを挿すことでWiFi接続に変えることができます。

最初からWiMAXで接続すればいいじゃないか?と思うかもしれませんが、WiMAXには3日で10GBの速度制限がありますので、できるだけWiMAXの回線はとっておきたいところです。

関連記事:WiMAXの速度制限まとめ!3日で10GBの確認方法や解除時間

W05のクレードルのデメリット

追加料金がかかる

W05 クレードル 価格

プロバイダのキャンペーンを利用することでW05本体は無料になりますが、W05のクレードルは有料となります。

プロバイダによって価格は違うのですが、UQ WiMAXから申し込みをすると3,553円かかります。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダでも、クレードルセットで申し込みするとキャッシュバック金額が3,500円ほど安くなってしまいます。

WX04のクレードルよりも性能が悪い

Wウイングアンテナ

WiMAXのクレードルは端末によって違います。

W05のクレードルは一般的なクレードルなのですが、WX04のクレードルはWウィングアンテナを搭載しており、電波を強化してくれる性能があります。

自宅でWiMAX回線を接続する際に、WiMAXがある部屋は繋がりやすいですが、距離が遠くなることで電波が弱くなり接続は悪くなります。

WX04のクレードルはWiMAX電波を強化してくれるので、ご家族でクレードルから離れた場所でインターネットをされる方には最適です。

しかし、WX04はクレードルの性能が良いものの、最大通信速度は440Mbpsです。

W05の最大通信速度は708Mbpsとなりますので、クレードルの性能目的でなければW05の方がメリットがあると言えます。

W05のクレードルの価格比較!Amazonやヨドバシでの販売は?

申込時はいらないと思っていた、でも後になって欲しくなったという方も多いのではないでしょうか?

W05のクレードルはUQ WiMAXやプロバイダ以外からも購入できるのか、みていきましょう。

  • ヨドバシカメラ・・・3,130円
  • UQアクセサリーショップ・・・3,553円
  • Amazon・・・4,300円

Amazonから購入するとUQ Mobileでの販売となりますので料金は高めです。ヨドバシカメラではauの販売モデルHWD36のクレードルの方が料金が安くなります。

名称は違うのですがHWD36=W05で同じ端末となります。

クレードルを追加購入する場合は送料無料ですしヨドバシカメラが良いと思います。

参考:ヨドバシ.com – au エーユー HWD36 [W05クレードル] 通販【全品無料配達】

W05のクレードルは必要になった段階で後から購入することが可能ですので、現段階で迷われているのでしたら欲しいと思った時に購入することをおすすめします。

W05のクレードルは購入すべきか?

クレードルセットがおすすめの方

  • 気軽に理由できる充電器が欲しい
  • 充電し忘れを防止したい
  • 有線接続を利用する場合がある
  • 室内で安定したインターネットを利用したい
  • 自宅でも家族複数人でW05を利用する

クレードルセットは必要ない方

  • 自宅には固定回線があるのでWiMAXは利用しない
  • 有線接続をすることは無い
  • 安く利用できる方が良い

クレードルを利用した方の口コミ・評判

より通信速度を安定させたい方にはクレードルはおすすめです。

W05は元々の通信速度が高速なので、クレードルを利用しなくても速度に不満がない方は多いです。

クレードルがあれば光回線の代わりとしても利用しやすくなりますので、今の固定回線を解約して通信費を節約できる場合も多くあります。

WiMAXの最新ルーターW05はキャンペーン適応で無料になりますので、クレードルとLANケーブルがあれば最速の環境を整えることが可能です。

ネットの口コミを見ていても、クレードルを申し込みしている人はかなりいるという印象ですね。

W05のクレードルセットにおすすめのプロバイダ

W05は最新端末になるので扱っているプロバイダと扱っていないプロバイダがあります。

中には月額料金は安いが端末は新古品を利用しているプロバイダもありますので、旧端末しか対応していない場合があります。

W05のクレードルセットを申し込みするのであれば、絶対に損しないプロバイダから申し込みしたいですよね。

私がおすすめのプロバイダを紹介していきます。

キャッシュバック最高金額のGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン

まず最初にW05のクレードルセットでおすすめできるのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは最高金額です。

総額で一番お得になるプロバイダです。

W05のクレードルセットが2年契約で申し込みすることができるのも特徴的です。

GMOとくとくBBの公式サイト

月額料金が最安値級で利用できるBroad WiMAX

broad wimax

GMOとくとくBBはキャッシュバックを加味すると最安値のプロバイダなのですが、キャッシュバックが受け取りづらいというデメリットがあります。

キャッシュバックを受け取る期間が短く、受け取り忘れてしまったという声も多くあるのです。

最近はキャッシュバックなしでも毎月お得になるBroad WiMAXを選択される方が増えてきています。

3年契約となりますが、とてもおすすめできるプロバイダです。

Broad WiMAXの公式サイト

まとめ

W05のクレードルは料金が3,500円ほどかかりますので、現時点で必要性を感じない方は後からでも購入できるのでクレードルなしでも良いでしょう。

  • 充電器として利用ができる
  • 速度が速くなる
  • 有線接続ができる
  • 無線LANとして利用できる

こういったメリットもありますので、キャッシュバックが少し安くなるぐらいなので勢いで申し込みしてしまうのもおすすめです。

W05のレビューも行っていますので、合わせてご覧になってみてください!

関連記事:WiMAX最新機種W05の評判・レビュー!W04・WX04との違いとは?

 

\ SNSでシェアしよう! /

ねとわか - WiMAX・ネットサービスの比較!おすすめがわかるの注目記事を受け取ろう

W05クレードル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ねとわか - WiMAX・ネットサービスの比較!おすすめがわかるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • NOZOMI WiFiの評判や速度まとめ!無制限だけどおすすめできる?

  • SIMフリーモバイルルーターのおすすめはコレ!格安SIMでポケットWiFiを使う方法

  • WiMAXキャンペーン比較!元販売員のおすすめプロバイダ@2018年7月

  • WiMAXの機種変更キャンペーンよりも新規乗り換えがおすすめな理由

  • WiMAXをお試しレンタルできるTry WiMAXの申し込み方法と注意点

  • ワイモバイル『Pocket WiFi 603HW』の評判と契約前の注意点まとめ