WiMAX

WiMAXプロバイダを徹底比較!おすすめ5選はコレ【2020年2月最新】

WiMAX おすすめ プロバイダ

2020年02月最新元WiMAX販売員WiMAXのプロバイダを20社以上徹底比較して、最もおすすめできる契約先を選びました。

WiMAXはプロバイダの選びを間違えてしまうと、月額料金が1,000円以上高くなってしまったり、3万円以上も損をしてしまう可能性があるのです。

プロバイダによる違いは何なのか?速度や料金はどれくらい変わるのか?

正しいプロバイダの選び方をお教えします。

最後までご覧になっていただければ、必ずあなたに適したプロバイダが見つかるはずです。

【結論】WiMAXのおすすめプロバイダはGMOとくとくBB

WiMAXのプロバイダを全社比較してみたところ一番おすすめはGMOとくとくBBとなりました。

理由は以下のとおりです。

  • 実質費用が最安値
  • 20日以内なら解約可能
  • おすすめ機種を即日発送

『ねとわか』では3年間利用した場合の総額費用が安い、GMOとくとくBBをおすすめしています。

gmo wimax

GMOとくとくBBの公式サイト

WiMAXプロバイダの選び方のコツ

プロバイダ経由で契約するメリット

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイル通信サービスです。

UQコミュニケーションズは提携会社のプロバイダ(MVNO)に通信網を開放しており、UQからWiMAX回線を借りて各プロバイダがWiMAXサービスを展開しています。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、無線通信インフラを他社から借り受けて提供する事業者のことを言います。

UQコミュニケーションズから直接申し込みした場合は『UQ WiMAX』。

プロバイダから申し込みした場合は『Broad WiMAX』『GMOとくとくBB WiMAX』などと名称が変わります。

しかし、名称が変わるだけで回線元は同じ。通信速度・サービス内容に変わりはありません。

各プロバイダが独自のキャンペーンを実施しているので、本家のUQコミュニケーションで契約するよりも、プロバイダ経由で契約した方が料金がお得になるのです。

実質費用が安いプロバイダを選ぶ

本家UQ WiMAXと、月額割引キャンペーンを実施しているBroad WiMAXの料金を比較すると・・・。

  • UQ WiMAX・・・159,312円(3年間の総額費用)
  • GMOとくとくBB・・・120,960円(3年間の総額費用)
  • 差額・・・38,352円も損をしてしまう

速度、エリアなどにプロバイダによる違いはありませんので、単純に安いところで申し込みをした方が良いというわけです。

キャッシュバックは受け取りに注意

WiMAXプロバイダの中には、3万円以上の高額キャッシュバック特典がもらえるプロバイダがあります。

しかし、キャッシュバックの受け取り方にはコツがあります。確実にキャッシュバックを受け取れる方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

GMOとくとくBB キャッシュバック
GMOとくとくBBのキャッシュバックメールはいつ?受け取り方まとめ

GMOとくとくBBのWiMAXやドコモ光を契約する前に、GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方を確認しておきましょう。 キャッシュバックキャンペーンは約3万円と高額なのですが、キャッシュバッ ...

WiMAX主要プロバイダの料金比較表

プロバイダキャッシュバック3年間の総額費用実質月額料金
GMOとくとくBB WiMAX34,600円120,960円3,348円
JPWiMAXギフト券10,000円124,100円3,447円
ASAHIネット10,000円125,990円3,499円
DTI月額割引129,670円3,601円
Broad WiMAX月額割引131,626円3,656円
カシモWiMAX月額割引135,668円3,768円
So-net月額割引148,656円
4,129円
家電量販店商品5,000円割引152,680円4,241円
@nifty月額割引153,890円4,274円
UQ WiMAX3,000円156,312円4,342円
au WiMAX0円159,312円4,425円
BIGLOBE WiMAX7,000円60,960円(1年契約)5,080円

※実質費用=総額費用からキャッシュバック特典を引き、1ヶ月あたりの費用を算出しています。

WiMAXの速度やエリアなどのサービスはプロバイダによって差はありませんので、一番重要なポイントは利用料金が総額でいくらかかるのか?です。

WiMAXプロバイダのおすすめランキングBEST5

1. GMOとくとくBB(全プロバイダ中最も安い)

gmo wimax

GMOとくとくBBは一部上場企業GMOインターネットが運営しているプロバイダです。

WiMAX以外にもドコモ光、フレッツ光などのプロバイダでも有名で、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック受け取り後の実質費用は全プロバイダの中で最安値となりますので、キャッシュバックを受け取る自信があり、最安値で利用したい方向けです。

メリット

  • 端末即日発送してもらえる
  • 20日以内ならばキャンセル可能
  • キャッシュバック金額が全プロバイダの中で最も高額

デメリット

  • キャッシュバックを受け取れない方が多くいる
  • キャッシュバックは一年後
  • 月額料金は4,263円なので毎月の負担額が大きい

口コミ・評判

GMOとくとくBB WiMAXの詳細情報

キャンペーン特典キャッシュバック34,600円
契約事務手数料3,000円
月額料金(ギガ放題)1〜2ヶ月目:3,609円
3〜36ヶ月目:4,263円
3年間の総額費用120,960円
1ヶ月あたりの実質費用3,348円
端末WX06、W06、HOME02、L02
端末代無料
契約期間3年間
解約金12ヶ月以内:19,000円
24ヶ月以内:14,000円
支払い方法クレジットカード
おすすめ

GMOとくとくBBの公式サイト

2. Broad WiMAX(月額割引+違約金負担+即日発送)

Broad WiMAX

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は株式会社Link Lifeが運営しているプロバイダです。

キャッシュバックはありませんが、その代わりに月額料金がとても安く、キャンペーン内容も充実しています。

キャッシュバックの受け取り忘れが無いので、単純に料金が安くなるBroad WiMAXを選ばれる方も多いです。

乗り換え時の違約金を19,000円まで負担してくれたりとお得なプロバイダです。

メリット

  • 端末機器の即日発送
  • プロバイダ乗り換えの違約金を負担してくれる
  • 月額料金が安くなるので、キャッシュバック受け取りミスのリスクが無い

デメリット

  • 最初だけ有料オプションに加入する必要がある
  • 口座振替だと初期費用が高い
  • 2年契約はできない

口コミ・評判

Broad WiMAXの詳細情報

キャンペーン特典月額割引キャンペーン
初期費用18,857円割引キャンペーン
契約事務手数料3,000円
月額料金(ギガ放題)1〜2ヶ月目:2,726円
3〜24ヶ月目:3,411円
25〜36ヶ月目:4,011円
3年間の総額費用131,626円
1ヶ月あたりの実質費用3,656円
契約期間3年間
端末WX06、W06、HOME02、L002
端末代無料
解約金12ヶ月以内:19,000円
24ヶ月以内:14,000円
※WEB割キャンペーン違約金
24ヶ月以内:9,500円
支払い方法クレジットカード
口座振替
おすすめ

Broad WiMAXの公式サイト

3. JP WiMAX(Amazonギフト券と月額割引でお得)

jpwimax

JPWiMAXは世界最大のWiFiコミュニティ「FON」が運営している比較的新しいプロバイダです。

Amazonギフト券と3年間ずっと割引になるお得なキャンペーンを実施中。

メリット

  • Amazonギフト券がすぐに貰える
  • 月額料金もお得
  • WiMAXをお試しレンタルすることができる

デメリット

  • 3年以内の解約金が高額
  • 端末がレンタルなので返却が必要

JPWiMAXの詳細情報

キャンペーン特典Amazonギフト券10,000円
月額割引
契約事務手数料3,000円
月額料金(ギガ放題)1〜3ヶ月目:2,800円
4〜24ヶ月目:3,500円
25〜36ヶ月目:4,100円
3年間の総額費用124,100円
1ヶ月あたりの実質費用3,447円
契約期間3年間
端末WX06、W06、HOME02、L002
端末代レンタル(無料)
※24ヶ月以上利用すれば返却不要
解約金12ヶ月以内:30,000円
36ヶ月以内:25,000円
それ以降:9,500円
支払い方法クレジットカード
おすすめ

JPWiMAXの公式サイト

4. BIGLOBE WiMAX(1年契約ができる)

biglobe wimaxキャンペーン

BIGLOBE WiMAXはビッグローブ株式会社が運営しているプロバイダです。

KDDIグループの老舗プロバイダになります。

WiMAXはクレジットカードが無いと申込みができないプロバイダが多いのですが、BIGLOBEは口座振替が可能で、キャンペーンも適応可能です。

WiMAX端末が無料になるプロバイダが多い中、BIGLOBEはデータ端末代金が19,200円かかります。

SIMの契約も可能!1年だけ使いたいという人にはおすすめのプロバイダです。

メリット

  • 口座振替でも契約可能
  • 1年契約ができる
  • 解約金が1,000円と安い
  • キャッシュバックが翌月に受け取れる

デメリット

  • 端末代金が19,200円かかる
  • LTEを使いたい場合は月1,005円かかる

口コミ・評判

BIGLOBE WiMAXの詳細情報

キャンペーン特典キャッシュバック7,000円
月額割引
契約事務手数料3,000円
月額料金(ギガ放題)1〜2ヶ月目:2,980円
3〜12ヶ月目:3980円
1年間の総額費用60,960円
1ヶ月あたりの実質費用5,080円
端末WX06、W06、HOME02、L02
端末代19,200円
※クレカの場合は24回
※口座振替の場合は一括
契約期間1年間
解約金12ヶ月以内:1,000円
支払い方法クレジットカード
口座振替
おすすめ

BIGLOBE WiMAXの公式サイト

5. UQ WiMAX(本家で申し込みたい方におすすめ)

UQ WiMAX キャンペーン

UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが運営しているプロバイダです。格安SIMのUQ-Mobileも有名です。

WiMAXを本家から申込みたい方におすすめです。

料金的なメリットは無いですが、サポートが年中無休で充実しています。

UQ WiMAXではTry WiMAXというお試しレンタルサービスを行っているので、事前にエリア確認が家できるのも嬉しいです。

しかし、Try WiMAXでレンタルした後にもっとお得なプロバイダを選択することができますので、UQ WiMAXを選ぶメリットはあまりありません。

メリット

  • 口座振替でも契約可能
  • 電話サポートが充実している
  • Try WiMAXで端末機器のレンタル可能

デメリット

  • キャッシュバックが安い
  • 総額費用が高い
  • WX06、HOME02にキャッシュバックが付かない

UQ WiMAXの詳細情報

キャンペーン特典キャッシュバック3,000円
初期費用3,000円
月額料金(ギガ放題)4,380円(1〜2ヶ月目:3,696円)
3年間の総額費用156,312円
月額実質費用4,342円
契約期間2年間、3年間
端末WX06、W06、HOME02、L02
支払い方法クレジットカード
口座振替
おすすめ

UQ WiMAXの公式サイト

WiMAXのおすすめ機種とプランの選び方

WiMAXのプロバイダ選びが終わったら、どの機種を使うかどのプランに申し込むかを決めましょう。

おすすめ機種はW06

Speed_Wi-Fi_NEXT_W06

 W06WX06
最大通信速度下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
連続通信時間9時間11.5時間
繋がりやすさ高性能ハイモードアンテナ搭載
Wi-Fi TXビームフォーミング搭載
クレードルにWウイングアンテナ搭載
重量125g127g
サイズ128×64×11.9mm111×62×13.3mm

現在販売されている人気ルーターは4種類です。

  • モバイルルーター・・・『WX06』『W06』
  • ホームルーター・・・『HOME 02』『L02』

最もおすすめのWiMAXルーターは『W06』です。

最大速度1.2Gbpsで利用できるのが特徴的です。

高性能ハイモードアンテナ×ビームフォーミングで通信が安定する

w06-高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナ搭載で今まで受信しづらかった場所でも電波が入り、Wi-Fi TXビームフォーミング搭載で中長距離のWiFi電波の受信感度も20%アップしています。

外出先メインで利用をされるのであれば『W06』を利用しておけば間違いないでしょう。

ただ、WX06の方が長時間利用できるので、バッテリーを重視される方はWX06の方が向いているかもしれません。

au 4G LTEにも対応

『W06』はau 4G LTEにも対応しています。

WiMAXの電波が入らないエリアでは、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで、LTEでインターネットを利用可能です。

通常LTEオプション料金が月額1,005円かかるのですが『GMOとくとくBB』なら3年間無料でLTEが利用できます。

おすすめプランは無制限のギガ放題

ギガ放題

WiMAXの料金プランは通常プランとギガ放題プランがあります。

  • 通常プラン・・・月間データ通信量7GBまで
  • ギガ放題プラン・・・無制限

通常プランは7GBを超過すると通信制限となり、128kbpsまで速度が低下します。

ギガ放題プランならば月間のデータ通信量が無制限となり、速度制限なしで利用することが可能です。(LTEは7GBまで)

7GBでもこれぐらいはインターネットを利用できる

  • メールの送受信:14,630通
  • WEBの閲覧:24,430ページ
  • 動画の視聴(低画質):31時間30分
  • 音楽のダウンロード:1,750曲

※Youtube、Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオなどの高画質動画は5時間ほどしか見れません。

「あまり使わないなー」という場合は途中で通常プランに切り替えも可能です。

最初の数カ月はギガ放題プランが無料なので、まずはギガ放題から始めることをオススメします。

まとめ

WiMAXはどこのプロバイダで契約をしても端末機器、サービス内容、対応エリアは変わりません。

UQコミュニケーションズの公式サイトや、家電量販店、auショップなどで契約するよりも、プロバイダのWEB限定キャンペーンを利用した方が料金が安くお得に利用することができます。

をおすすめしています。

-WiMAX

Copyright© ねとわか - インターネットサービスをわかりやすく解説するメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.