1. TOP
  2. ポケットWiFi
  3. 楽天モバイルのポケットWiFiの評判は?無制限で使えないがおすすめできる?

楽天モバイルのポケットWiFiの評判は?無制限で使えないがおすすめできる?

 2019/05/02 ポケットWiFi  

楽天モバイル ポケットWiFi

ポケットWiFiを安い料金で使いたい。

そんなあなたには楽天モバイルの格安SIMを使ったポケットWiFiをおすすめします。

  • 契約期間の縛りがない
  • 月額料金が安い
  • ドコモLTEが使える

とメリットが多い楽天モバイルですが、『無制限で使えない』などデメリットもありますので、契約前の注意点をまとめました。

楽天モバイルのモバイルWiFiルーターの評判やWiMAXとの比較もまとめていますので最後までご覧になってみてください。

楽天モバイルのポケットWiFiの特徴とメリット

楽天モバイルのポケットWiFiとは、正確には楽天モバイルのデータSIMを挿したモバイルルーターのこと言います。

楽天モバイルの特徴をまとめました。

  1. ドコモ回線が使えるのでエリアが広い
  2. 最低利用期間ないので違約金がかからない
  3. データ容量を翌月に持ち越せる
  4. 楽天ポイントでの支払いが可能
  5. 楽天モバイルWiFi by エコネクトが使える

一つずつ詳しく解説していきます。

1. ドコモ回線が使えるのでエリアが広い

楽天モバイル ドコモ

楽天モバイルの格安SIMはドコモのLTE回線を利用していますので、ドコモのスマホの電波が入るエリアでしたらどこでも利用することができます。

屋内や地下にも強く、WiMAXでも繋がらないエリアでインターネット接続することができるのは嬉しいですね。

au回線も選ぶことができますが、少々料金が高くなります。

ドコモの電波が入りづらい地域でもauで利用することができるのがいいですね。

2. 最低利用期間ないので違約金がかからない

楽天モバイル 契約解除料

楽天モバイルのデータSIMは最低利用期間がありません。

通常のポケットWiFiは2年間、3年間といった長期継続が前提の申込みとなっており、途中で解約すると2万円前後の違約金がかかってしまいます。

楽天モバイルなどのMVNOの格安SIMには契約期間の縛りがありませんので、たとえ3ヶ月で解約しても契約解除料は発生しないのです。

3年以内に解約してしまう可能性がある方や短期間での利用をお考えの方にはメリットが大きいはずです。

※通話SIMの場合は9,800円の契約解除料がかかります。

3. データ容量を翌月に繰り越せる

楽天モバイル 繰越

もし、当月分のデータが余ってしまった場合、翌月にデータ容量を持ち越しすることができます。

容量を全て使い切ってしまうことってあまりないですよね。

たまに多くのデータ量を利用する月がある方も、繰越分でまかなうことができちゃいます。

4. 楽天ポイントでの支払いが可能

楽天ポイント 支払い

楽天ポイントを貯めている方ならば、楽天ポイントで月々の利用料金の支払いが可能です。

楽天のクレジットカードで買い物をしている人でしたら、かなりのポイントが溜まっているはずです。

毎月のポイントだけでも月々の支払いができますので、楽天のヘビーユーザーには嬉しいです。

5. 楽天モバイルWiFi by エコネクトが使える

楽天モバイルwifi

楽天モバイルユーザーは有料WiFi『楽天モバイルWiFi by エコネクト』がオプションで使えます。

月額362円かかりますが、日本全国69,000箇所以上のBBモバイルポイント、Wi2のWi-Fiスポットを利用できます。

直接ポケットWiFiとは関係ありませんが、楽天モバイルのデータSIMは容量が30GBまでとなっています。

カフェ、レストラン、駅など楽天モバイルWiFiが繋がるところでは、有料Wi-Fiに接続することでギガを節約することができるのです。

  • Wi2・・・最大300Mbps
  • BBモバイルポイント・・・最大3M~4Mbps

新規申込時に同時にオプションで申し込み可能です。

楽天モバイルの口コミ・評判まとめ

楽天モバイルの格安SIMを実際に利用している方々の口コミ・評判をまとめました。

通信速度に関する口コミ・評判

料金に関する口コミ・評判

良い口コミと悪い口コミまとめ

良い口コミ

  • 楽天ポイントで月額料金が無料になった
  • 速度は他者格安SIMよりも高速
  • 毎月プラン変更ができるのが嬉しい
  • データ容量が繰越できるのが良い
悪い口コミ

  • 昼間・夜間の通信速度が遅い
  • 料金プランが分かりづらい
  • WiMAXの方が快適

料金と通信速度に関する評判が多くありました。

楽天モバイルのポケットWiFiのデメリット

楽天モバイルはメリットだけではなく以下のようなデメリットもありますので注意しましょう。

  • 無制限プランが無い
  • 通信速度が遅くなる時間帯がある

無制限プランが無い

楽天モバイルのデータSIMにはWiMAXやワイモバイルの様な無制限のプランがありません

3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBのデータ容量となります。

データ容量の上限を超えてしまった場合、速度制限で当月は128kbpsとなってしまいます。

データ容量が足りなくなった場合は追加でチャージできますが、100MBで300円となりますのでヘビーユーザーの方にはあまりおすすめはできません。

20GB以上利用される場合はWiMAXの方が料金は安くなります。

通信速度が遅くなる時間帯がある

MVNOの格安SIMの多くは通信が混み合う時間帯になると、繋がりづらくなったり低速になってしまうというデメリットがあります。

同じドコモの回線を使っていてもキャリアの回線とは違います。

高速通信ができる時間帯ももちろんありますが、利用者が増える昼間や夜間では通信速度がかなり低下してしまうのです。

私もドコモ回線の格安SIMを利用していますが、昼間は繋がらないので諦めています・・・。

1日中安定したネット回線が欲しい方はWiMAXやワイモバイルの様なポケットWiFiをおすすめします。

楽天モバイルのポケットWiFiの料金プラン

楽天モバイル 料金

楽天モバイルの格安SIMを利用する場合『組み合わせプラン』のデータSIMプランを利用します。

ドコモ回線のSMSなしプランを選択しましょう。

ただ、自宅でドコモ回線の電波が入らない場合は、ドコモとau回線が使えてSMSありのデータSIMプランを利用したほうが良いでしょう。

  • ベーシックプラン・・・525円
  • 3.1GBプラン・・・900円
  • 5GBプラン・・・1,450円
  • 10GBプラン・・・2,260円
  • 20GBプラン・・・4,050円
  • 30GBプラン・・・5,450円

ベーシックプランは安いですが、200kbpsまでの通信速度しか出ません。

20GBプラン以上は割高になってきますので、20GB以上の容量を使う場合、別サービスをおすすめします、。

料金プランは月1回プラン変更可能

楽天モバイル プラン変更

格安SIMの料金プランは月に1回までプラン変更することができます。

  • 普段はあまり使わないけど出張があるときだけ使いたい
  • 念のためにポケットWiFiもサブ回線として持っておきたい

こういったニーズにも合っています。

ベーシックプランや3.1GBプランで契約しておいて、利用したいときだけプラン変更するという使い方もできますね。

楽天モバイルで購入できるモバイルWiFiルーター

楽天モバイル ルーター

『楽天モバイル自社回線対応商品』とは2019年10月以降提供予定の自社回線に対応している商品です。

楽天モバイルでモバイルWiFIルーターを利用する場合、2種類の方法があります

  • 楽天モバイルで端末と格安SIMをセットで契約する
  • 楽天モバイルで格安SIMのみ契約する

楽天モバイルで購入することができるモバイルWiFiルーター『Aterm MP01LN』と『Aterm MR05LN』のスペックを比較してみました。

 Aterm MR05LNAterm MP01LN
最大通信速度375Mbp150Mbps
連続通信時間14時間10時間
重量115g70g
価格21,900円
(月々486円)
10,800円
(月々985円)

『Aterm MP01LN』はスペックが低いですが価格が安いのが魅力です。

『Aterm MR05LN』は最大通信速度375Mbps、連続通信時間14時間と性能が良く、ランキング常連のモバイルルーターですので、迷った場合は『Aterm MR05LN』を選択することをおすすめします。

端末はAmazonで購入することもできる

実は、端末は楽天モバイルから直接購入する必要はありません。

好きなSIMフリーモバイルルーターを購入して、格安SIMのみ楽天モバイルで契約することも可能です。

SIMフリーモバイルルーターをAmazonなどで購入して、格安SIMだけ契約する方法でも問題はありません。

楽天モバイルからの購入すると分割払いにできますが、Amazonから購入した方が料金は安いです。

Aterm MR05LN以外のおすすめ端末はGlocalMe G3とHUAWEI Mobile WiFi E5577です。

SIMフリーモバイルルーターに関しては『SIMフリーモバイルルーターのおすすめはコレ!格安SIMでポケットWiFiを使う方法』で詳しく説明しています。

楽天モバイルのポケットWiFi契約前に知っておくべきQ&A

楽天モバイルのポケットWiFiを契約する前によくある質問をまとめました。

解約方法は?

楽天モバイルのデータSIMの解約方法は公式ページ内の『メンバーズステーション』から行うことができます。

解約締め日は毎月15日となっています。

ネット上で簡単に解約ができるので安心してください。

楽天モバイル解約時にデータ端末の分割払いが残っている場合も、お支払完了まで分割払いのままお支払いができます。

他社ポケットWiFiだと残債分が一括支払いとなり、別会社では使えませんが、もし楽天モバイルが合わなくても他社格安SIMに載せ替えて使うことも可能です。

ちなみに海外SIMを入れれば、海外でも使うことができます。

速度制限はあるのですか?

楽天モバイル 速度制限

楽天モバイルのデータSIMは以前は3日間の速度制限がありました。

10GBプランでも3日で1GB以上利用すると速度制限とかなり厳しいものだったのですが、2017年3月1日から3日間の通信速度制限は撤廃となりました。

データ量上限までは速度制限なしで使うことが可能です。

参考:楽天モバイル:3日間の通信速度制限撤廃のお知らせ

楽天モバイルのポケットWiFiとWiMAXを比較

楽天モバイルの格安SIMでポケットWiFiを利用するべきか?それとも普通にWiMAXを契約した方がいいのか?迷ってしまいますよね。

ここでは人気のWiMAXと楽天モバイルを比較していきます。

通信速度で比較

 楽天モバイルWiMAX
最大通信速度下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps

楽天モバイルの最大通信速度は下り最大500Mbps、上り最大50Mbpsです。

WiMAXの最大通信速度は下り最大1.2GBps、上り最大75Mbpsです。

あくまで最高速度は理論値でベストエフォートとなります。

モバイル通信サービスでは利用環境で大きく異なりますので、どちらが速いとは言い切れない部分があります。

スペック的にはWiMAXの方が上と考えておいてください。

サービス提供エリアで比較

 楽天モバイルWiMAX
回線ドコモLTEWiMAX2+
au 4G LTE

WiMAXの電波は、WiMAX2+とau 4G LTEが利用できます。

楽天モバイルでは、ドコモLTEとなります。

WiMAX2+通信もサービスエリアは広いのですが、屋内や地下では電波が入りづらく、地方では圏外になってしまう場所が多くあります。

逆にLTE通信はどこでも繋がりやすいです。

その点LTE通信の方がメリットは大きいのですが、WiMAXでもauのLTE通信を月7GBまで利用することはできるのです。

  • WiMAX・・・auのLTE通信が7GBまで、WiMAX2+通信
  • 楽天モバイル・・・ドコモのLTE通信が3.1GB〜30GB

使い方にもよりますが、楽天モバイルの10GBプランならばそこまでWiMAXの方が使い勝手は良くなるはずです。

月額料金で比較

料金プラン楽天モバイルWiMAX
3.1GBプラン900円
5GBプラン1,450円
7GB(通常プラン)2,726円
10GBプラン2,260円
20GBプラン4,050円
30GBプラン5,450円
無制限(ギガ放題)3,411円

月額料金に関しては10GBまでのプランは楽天モバイルの方がお得になりますが、月に20GB以上のデータ容量を利用する場合は割高となります。

注意点としてはWiMAX端末は無料なのですが、楽天モバイルを端末セットで契約した場合、月額985円かかるという点です。

つまり、10GBプランでも3,245円、20GBプランになると5,035円の月額料金がかかることになります。

WiMAXは無制限で利用できるのに2,726円〜とかなり安い価格設定です。

楽天モバイルのポケットWiFiがおすすめな人

おすすめな人

  • 縛りがないモバイルWiFiルーターを利用したい方
  • 10GBぐらいで容量が十分な方
  • 安い料金で使いたい方
  • 出張などでたまに使えるポケットWiFiが欲しい方

エリアが広いので地方の出張などでも安心です。大体どこの地域でも利用することができますよ。

動画を見なければ月10GBの容量があれば十分ですから、これらに当てはまる方は楽天モバイルはとてもおすすめできます。

ドコモ回線ではないのですが、ソフトバンク回線のLTE通信がお得に使えるネクストモバイルというサービスもあります。

2年間の縛りがありますが、こちらだと20GBでも月額料金は2,760円ですので、20GB以上の容量が欲しい場合は考慮に入れてみてください。

関連記事:ネクストモバイルの評判は?遅いって口コミの真相とメリット・デメリット

おすすめできない人

  • 動画を見たい方
  • 無制限で利用したい方
  • 安定した高速通信でインターネット接続したい方

動画を見るとすぐにデータ容量10GBを超過してしまいますので、速度制限となってしまいます。

楽天モバイルのポケットWiFiは安くてエリアが広いというメリットがありますが、通信速度が安定しない・容量が少ないというデメリットもあります。

高速通信や速度制限が無いポケットWiFiが利用したい方はWiMAXをおすすめします。

関連記事:WiMAXキャンペーン比較!元販売員が選ぶおすすめランキング@2019年7月

楽天モバイルのポケットWiFi申し込みの流れ

楽天モバイル 申し込み

まずは『楽天モバイルの公式ページ』にアクセスをします。

  1. 『今すぐお申し込み』をクリック
  2. 『プラン選択へ進む』をクリック
  3. 『ドコモ回線』を選択
  4. 『端末+SIMセット』を選択
  5. その他でルーター『MR05LN』を選択
  6. SIMタイプ『データSIM(SMSなし)』を選択
  7. 料金プランを選択(10GBがおすすめ)
  8. オプションサービスを選択
  9. 『ご契約情報入力に進む』をクリック

以上で楽天モバイルのポケットWiFiの申し込みは完了です。

まとめ

楽天モバイルのデータSIMでポケットWiFiを利用する方法は、端末セットよりもAmazonでSIMフリーモバイルルーターを購入したほうが安くなります。

  • データ容量は10GBまでで十分
  • WiMAXよりもLTEが使いたい
  • 3年間も使うかわからない

という方にはおすすめできるサービスです。

利用環境によってはWiMAXの方がおすすめできる場合もありますので、あなたに適した方を選んでみてください。

無制限で利用できるポケットWiFiをお探しの場合は、以下の記事でまとめていますので合わせてご覧になってみてください。。

関連記事:無制限ポケットWiFiのおすすめはコレ!月額料金・速度で比較した結果

\ SNSでシェアしよう! /

ねとわか - WiMAX・ネットサービスの比較!おすすめがわかるの注目記事を受け取ろう

楽天モバイル ポケットWiFi

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ねとわか - WiMAX・ネットサービスの比較!おすすめがわかるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ねとわか

関連記事

  • ドコモのポケットWiFiの料金まとめ!無制限で利用するおすすめの方法

  • ワイモバイル『Pocket WiFi 801HW』の評判とメリット・デメリット

  • イモトのWiFiの口コミ・料金・使い方を徹底レビュー!成田・羽田でレンタルしてみた

  • ポケットWiFiとは何?仕組みやメリット・デメリットをまとめました

  • ソフトバンクのポケットWiFiは無制限ではない!料金・契約前の注意点

  • ネクストモバイルの評判は?遅いって口コミの真相とメリット・デメリット