1. TOP
  2. 光回線
  3. auひかりの解約手続きと注意点!解約金を払わないで済む方法も紹介します

auひかりの解約手続きと注意点!解約金を払わないで済む方法も紹介します

 2019/03/24 光回線  

auひかり 解約

auひかり解約したいけど、手続き方法や解約金がどれくらいかかるかわからない。

この記事では機器の返却方法や違約金、撤去費用など、解約前に知っておくべきことをまとめました。

auひかりの解約手続きから注意点、解約金を払わないで解約する方法まで解説していきます。

auひかり解約方法

auひかり解約手続きの流れを説明していきます。

  1. プロバイダで解約手続きをする
  2. 撤去工事を行う
  3. レンタル機器を返却する
  4. オプションを解約する

1. プロバイダで解約手続きをする

auひかりの解約はプロバイダのp電話窓口で行うことができます。

auショップやKDDIでは解約ができず、契約のプロバイダでの解約となりますので、ご自身でプロバイダへの連絡が必要となります。

プロバイダ電話番号営業時間公式サイト
au one net0120-22-00779:00〜22:00(365日)こちら
BIGLOBE0120-86-0962
03-6385-0962
9:00~18:00(365日)こちら
So-net0120-80-77619:00~18:00
(1月1日、2日以外)
こちら
@nifty0570-03-221010:00~19:00(365日)こちら
@TCOM0120-805-63310:00~20:00(平日)
10:00~18:00 (土日祝)
こちら
ASAHIネット0120-577-10810:00~17:00(平日)こちら
DTI0120-830-501
03-5749-8091
10:00~17:00(平日)こちら

プロバイダわからない場合

もし、どのプロバイダを利用しているかわからない場合は、『契約書類』や『利用明細』を確認してみてください。

契約書類にプロバイダから送られてきた書類が同封されているはずです。紛失してしまった場合は明細で確認することも可能です。

KDDIのおまとめ請求などを利用している場合、明細では確認することができませんので、KDDIへお問い合わせしてみてください。

2. 撤去工事を行う

auひかりの撤去工事は2種類あります。

  • 回線撤去・・・宅外での撤去工事
  • 光コンセント撤去・・・宅内の引き込み線、光コンセントの撤去工事

一戸建ての場合、必ず撤去工事がありますので立ち会いが必要です。

マンションタイプの場合は光コンセントの撤去工事は必要ありませんが、アパートで大家さんや管理会社から『原状復帰をしてくれ』と言われている場合は撤去工事が必要となります。

3. レンタル機器を返却する

レンタル機器の返却

解約の手続きを行った後にKDDI株式会社から返却用の着払い伝票が送付されますので、郵送にてレンタル機器の返却を行います。

  • ホームゲートウェイ
  • 回線終端装置(ONU)
  • セットトップボックス(テレビサービス利用の場合)
  • 無線LANレンタル機器(レンタルされている場合)
  • VDSLモデム内蔵ホームゲートウェイ機器(マンションV、都市機構(DX))

期日までに必ず返却するようにしましょう。

4. オプションを解約する

auひかり電話サービスの解約方法

auひかり電話もauひかりの解約と同時にプロバイダで行います。

プロバイダで手続きをされるようにしてください。

auひかりテレビの解約方法

ひかりテレビはKDDIで解約が可能です。

KDDIお客様センター

一般電話:0077-777
その他:0120-22-0077
営業時間:9:00〜22:00

後日セットトップボックスを返却してください。

auひかりの解約金・違約金

auひかりで解約時にかかる費用をまとめました。

一戸建て、マンション共に『初期工事費の残債分』『違約金』がかかります。

一戸建てでは更に撤去費が必ずかかりますので注意しましょう。

設置工事費の未払い分の一括払い

auひかり 初期費用

auひかりを解約する場合、初期工事費30,000円〜37,500円の残債分を一括で支払う必要があります。

  • 一戸建て・・・625円×60ヶ月=37,500円
  • マンション・・・1250円×24ヶ月=30,000円

マンションタイプの違約金

 契約期間違約金
マンションタイプ(お得プランA)2年7,000円
マンションタイプ 標準プランなし0円

契約に縛りがない標準プランでは違約金は発生しません。

ホームタイプの違約金

 契約期間違約金
ホームタイプ ずっとギガ得プラン3年15,000円
ホームタイプ ギガ得プラン2年9,000円
ホームタイプ 標準プランなし0円

ホームタイプ 標準プランを契約されている場合、契約解除料は発生しません。

一戸建てでは撤去費用28,800円が必ずかかる

auひかりを2018年3月1日以降に契約した方は、解約時に撤去費用28,800円がかかります。

2018年2月28日以前のお申込みの場合は10,000円となります。

auひかりでは、維持コストがかかることから引き込み設備の残置をすることができなくなりました。

以前はKDDIが費用負担をしていましたが自分で負担をする必要があります。

もし、設備を撤去ができなかった場合、月額99円〜577円の賠償金がかかります。

解約金が高いという口コミ・評判

ホームプラン(ずっとギガ得プラン)を1年で解約した場合

  • 工事費の残債分・・・30,000円
  • 違約金・・・15,000円
  • 撤去費・・・28,800円
  • 合計・・・73,800円

解約金7万円超えは高すぎですよね・・・。

マンションタイプ(お得プランA)を1年で解約した場合

  • 工事費の残債分・・・15,000円
  • 違約金・・・7,000円
  • 合計・・・22,000円

マンションタイプでは撤去工事費がかかりませんので、途中解約でも解約金を抑えることができます。

auひかり解約の注意点

auひかり電話の固定電話の番号は変わる場合がある

NTT加入電話で取得した電話番号はそのまま引き継ぎできますが、auひかり電話で新規発行した電話番号は解約となりますので、注意してください。

auひかり電話サービスで新規発行した場合
→番号は変わる

NTT加入電話以外で取得した電話番号をauひかり電話へ引き継いだ場合
→番号は変わる

NTT加入電話で取得した電話番号をauひかり電話へ引き継いだ場合
→番号の継続利用の手続きを行う(他社auひかりでは利用できない)

参考:auひかりを解約/auひかり電話サービスを解約するにはどうすればよいですか? | よくあるご質問

メールアドレスを変更したくない場合はプロバイダのプラン変更をする

今利用しているプロバイダのメールアドレスをそのまま引き継ぎしたい場合、プロバイダのプランを変更することでメールアドレスは残すことが可能です。

月額200円〜300円ほどの価格でプロバイダ契約が残りますので、メールアドレスは変更しなくても大丈夫です。

 プラン名月額料金公式ページ
au one netミニミニコース250円詳細
BIGLOBEベーシックコース200円詳細
So-netモバイルコース200円詳細
@niftyダイヤルアッププラン250円詳細
@TCOMメールコース300円詳細
ASAHIネットメール・ブログコース300円詳細
DTIUbicプラン200円詳細

最近ではメールアドレスはGmailやYahooメールを利用される方が多いですので、特にメールアドレスにこだわりがない場合は変更してしまった方が料金はお得になります。

解約月の料金は日割りになる

auひかりの解約月の利用料金は日割り計算となります。

月末まで待たなくてもプロバイダを解約した時点でインターネットは利用できなくなりますので注意してください。

スマートバリューの割引が無くなる

auスマートバリュー

auひかりを利用している場合、auのスマホの通信料金が毎月1,000円安くなるスマートバリューが適応できなくなります。

auひかり以外でもスマートバリューが適用となるインターネット回線がありますので、ご家族でauスマホを利用されている方は後述するauスマホ割引が適用となる光回線をおすすめします。

引越しの場合は解約ではなく移転手続きをする

引越し先でもauひかりを利用される場合、解約をせずに引越し手続きをすれば、引越し先でもauひかりを利用することができます。

引越しをする場合は撤去費用は必要ありません。

引越し先がauひかり非対応の場合、回線工事が不要な『au Wi-Fiルータ』を利用すれば撤去費用はかかりません。

しかし、auひかりは全国で利用できず引越し先が提供エリア内かわかりませんので、事前に確認しておくことをおすすめします。

参考:auひかりの提供エリア検索

関西地域ではeo光が、東海地域ではコミュファ光が、沖縄ではauひかりちゅらと、au系列のインターネットサービスがありますので、auひかりは対応していないのです。

auひかりの解約金を払わないで解約する方法

auひかり 解約金 払わない

auひかりの解約金が高かった場合に、違約金なしで解約する以下の方法を紹介していきます。

  • 更新月に解約する
  • 解約金負担キャンペーンを活用する
  • 特典がお得な他社回線へ乗り換える

更新月に解約する

auひかりは2年、3年単位で自動で契約更新されます。

  • ずっとギガ得プラン・・・3年契約(更新月37ヶ月目、38ヶ月目)
  • ギガ得プラン・・・2年契約(更新月25ヶ月目、26ヶ月目)
  • お得プランA・・・2年契約(更新月25ヶ月目、26ヶ月目)

ご利用開始月を1ヶ月目と考え、契約満了月の翌月と翌々月ならば契約解除料はかかりません。

auひかり 更新月

いつ契約したかわからない場合はプロバイダのマイページで確認することができます。

auひかりを解約される場合、契約更新月がおすすめです。

解約金負担キャンペーンを活用する

ソフトバンク光 違約金負担

解約金負担キャンペーンを上手に活用することで、auひかりの解約金を払わずに別のインターネットへ乗り換えることができます。

ソフトバンク光では違約金負担を最大10万円まで行っていますので、解約金が高い場合におすすめです。

しかし、ソフトバンク光ではauのスマホ割引は利用できません。

参考:SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン

特典がお得な他社回線へ乗り換える

auひかりから乗り換えをするのであれば、利用中のスマホに合わせてインターネットを乗り換えましょう。

  • ドコモ・・・ドコモ光
  • ソフトバンク・・・ソフトバンク光、Nuro光
  • au・・・ビッグローブなど

auスマホを利用されている場合、auスマートバリューで割引になる光回線がおすすめです。

スマートバリューが利用できる光回線

 地域戸建て料金マンション料金
BIGLOBE光全国4980円3,980円
コミュファ光東海地方限定3,990円3,980円
eo光関西限定4,953円3,124円
Pikara四国限定5,200円3400円
MEGAEGG中国地方限定4,200円3,200円
BBIQ九州限定5,800円4,100円
auひかりちゅら沖縄限定6,300円3,900円

コミュファ光、eo光、Pikara、MEGAEGGが利用できる地域以外ではBIGLOBEの方がお得になります。

ビッグローブ光では現金35,000円キャッシュバック特典がありますので、違約金の負担を減らすことができるはずです。

モバイルルーターならWiMAXがおすすめ

Broad WiMAX キャンペーン

au系列のポケットWiFiとなるWiMAXならば『auスマートバリューmine』で割引も適応となります。

月額料金も2,726円〜と格安で利用できますので、auひかりからWiMAXへ乗り換える方は非常に増えています。

家でも外でも利用できますし、auひかりのように開通工事が必要ありませんので工事費もかかりません。

モバイルルーターのWiFiに繋ぐだけですぐにインターネットに接続できるのが嬉しいですね。

関連記事:無制限ポケットWiFiのおすすめはコレ!月額料金・速度で比較した結果

まとめ

auひかりの解約方法や解約金をまとめました。

auを解約する際はプロバイダに連絡し、どれくらいの解約金がかかるのかを確認してみましょう。

解約金の料金が高ければ、解約金負担キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを活用してよりお得な光回線やモバイルルーターへ乗り換えしてしまうことをおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

ねとわか - WiMAX・ネットサービスの比較!おすすめがわかるの注目記事を受け取ろう

auひかり 解約

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ねとわか - WiMAX・ネットサービスの比較!おすすめがわかるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ねとわか

関連記事

  • auひかりのプロバイダおすすめ3選!7社を比較してわかったお得な選び方

  • ドコモ光のキャンペーン比較!キャッシュバックを貰ってお得に申し込みする方法

  • ドコモ光の解約方法まとめ!解約金・違約金なしで乗り換えるコツ

  • ドコモ光のプロバイダの変更方法!違約金やかかる日数などの注意点

  • ドコモ光のプロバイダおすすめ3選!料金・速度で比較した結果【2019年11月】

  • ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック